アレルギー

もし血液検査で予想通りエストロゲンとゲスターゲンの量が基準値を下回っていて早発閉経(早期閉経)だと分かった場合は、足りていない女性ホルモンを補充するような処置で緩和できます。
春と秋に患者が増える花粉症とは、山林のスギやヒノキ、マツ、ブタクサなどの様々な植物の花粉がアレルゲンとなり、くしゃみ・皮膚のかゆみ・喉の痛み・鼻水などの辛くてゆううつなアレルギー症状を引き起こす病気として日本人に定着しています。
拡張期血圧90以上の高血圧が継続すると、身体中の血管に強い負荷がかかった結果、身体中至る所の色々な場所の血管にトラブルがもたらされて、合併症を誘発する度合いが拡大します。
下腹部の激痛を訴える人の多い主な疾患には、盲腸と間違うことの多い大腸憩室症、腎や尿管などの尿路結石症、特定疾患に指定されている潰瘍性大腸炎、腹膜に炎症や穿孔が起こる急性腹膜炎、子宮や卵巣の病気等の病名が挙げられます。
いんきんたむし(陰金田虫)とは、正式には股部白癬(こぶはくせん)と言われている、かびの一種である白癬菌が股部、陰嚢(いんのう)、臀部などの部位に感染し、定着してしまう病気のことであり簡単に言うと水虫のことです。
常在細菌のひとつであるブドウ球菌(staphylococcus、スタフィロコッカス)は紫色に染色されるグラム陽性球菌で、大別すると毒力が極めて強力な黄色ブドウ球菌(オウショクブドウキュウキン、staphylococcus aureus)と毒力が強くはないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)の2種に分けられます。
「沈黙の臓器」とも呼ばれる肝臓に中性脂肪(中性脂質)やコレステロールが多く付着した脂肪肝という病気は、脳梗塞を代表とする色々な病気をもたらす恐れがあることをご存知でしょうか。
ビタミン欠乏症である脚気の症状は、手や足がジンジンと痺れたり脚の浮腫みなどがよく訴えられ、症状が進んでしまうと、深刻な場合、呼吸困難に至る心不全も誘引する可能性があります。
「とにかく時間がない」「うっとうしいいろんな人間関係が苦手だ」「テクノロジーやインフォメーションの著しい進化になかなか付いていけない」など、ストレスが溜まってしまう誘因は人によって違います。
BMI(体重指数)の計算式はどこの国も一緒ですが、BMI値の位置づけは国単位でそれぞれ少しずつ違っていて、日本肥満学会(JASSO)ではBMI22を標準、BMI25以上は肥満、BMI18.5未満の場合を低体重と周知しています。
エイズはHIV(human immunodeficiency virus)の感染によって生じるウイルス感染症のことであり、免疫不全へと至って些細な病原体による日和見感染や悪性腫瘍を発症する病状を総称しているのです。
バイキンやウィルスなど病気を生み出す微生物、即ち病原体が口から肺の中に進入して感染してしまい、肺そのものが炎症反応を呈示した事態を「肺炎」と断定しています。
杉花粉症などの症状(水っ洟、鼻づまり、くしゃみ等)のせいで夜しっかり眠れないと、それが引き金となって慢性の睡眠不足に陥り、次の日の行動に悪いダメージを及ぼすことがあります。
HIV(ヒト免疫不全ウイルス)を保有した血液や精液、唾液、母乳、腟分泌液などの様々な体液が、乳飲み子等の傷口や粘膜部分に触れることで、HIV感染の可能性があるのです。
1回永久歯の周囲のエナメル質を溶かしてしまうほど深刻になってしまった歯周病は、原則症状自体が和らいだとしても、失ったエナメル質が元通りに戻るようなことは無いに等しいのです。