データ

スギの木の花粉が飛散する3月前後に、乳幼児が体温は平常なのにしょっちゅうくしゃみをしたりサラサラした鼻みずが止まないような状態だったなら、もしかしたら『スギ花粉症』の可能性が高いといえるでしょう。
チェルノブイリ原発の事故に関する数十年に及ぶ追跡調査のデータをみると、大人に比べて体の小さい子供のほうが広まった放射能の悪影響を受けやすくなっていることが分かるのです。
植物中に存在する化学物質、フィトケミカルの一種のスルフォラファンというブロッコリースプラウトに含まれている揮発性の有機硫黄化合物が、肝臓から分泌される解毒酵素の自然な創造を支えているのではないかという新たな事実が判明してきたのです。
暴飲暴食、体重過量、喫煙、運動不足、遺伝、不規則な生活、心身両面のストレス、高齢化などの様々な因子が絡むと、インスリンの分泌量が低下したり、働きが落ちたりして生活習慣病と言われる方の2型糖尿病を発病します。
生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病というのは、膵臓にある血糖値を下げるインスリンを分泌するβ細胞が何らかの理由で破壊されてしまうことから、結果的に膵臓からはインスリンが血糖値を正常に保てるほどは分泌されなくなってしまい発症するという自己免疫性のタイプの糖尿病です。
スギ花粉症などの緒症状(水っぱな、鼻詰まり、連発するくしゃみなど)のために夜しっかり眠れないと、そのせいで慢性の睡眠不足になり、翌日起きてからの業務に芳しくない影響を及ぼすこともあります。
ストレスがかかり、溜まっていく構造や、有用なストレスケア方法など、ストレス関連の詳細な知識を学んでいる方は、まだまだ少ないようです。
食中毒を起こすことのあるブドウ球菌(英:staphylococcus)は紫色に染色されるグラム陽性球菌であり、大別すると毒の極めて強力な黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus)と毒力があまり無いコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)の2つに分けられるのです。
環状紅斑は環状、要するに輪っかのようなまるい形状をした真紅色の発疹や薄皮が剥ける鱗屑(りんせつ)など、皮ふ病の総合的な名前であり、その病因はまったくもって多種多様だといえます。
日本における結核対策は、長年、1951年に施行された「結核予防法」に準ずる形で進行されてきましたが、56年後の平成19年からは数多くある結核以外の感染症と同様に「感染症予防法」という法律に基づいて行われることとなりました。
AED(Automated External Defibrillator)というのは医療資格のない一般の人でも利用する事のできる医療機器で、本体から流れる音声ガイダンスの通りに行動することで、心臓が細かく震える心室細動に対する絶大な治療効果をもたらします。
脳内にあるセロトニン(5-HT)神経は、自律神経を整えたり痛みを防御し、色々な覚醒現象などをコントロールしていて、気分障害(鬱病)に罹患している人ではその作用が弱くなっていることが広く知られるようになった。
アミノ酸の一つグルタチオン(GSH)には、細胞の機能を落としたり変異を招く悪影響を及ぼす物質を体の内側で解毒し、肝臓の動きを促進する力が判明しているのです。
くも膜下出血(SAH)はそのほとんどが「脳動脈瘤」と呼ばれる脳内の血管にできた瘤(コブ)が破れてしまうことが要因となって起こってしまう脳の病気だという知識を多くの人が持っています。
現在のオペ室には、W.C.や専用の器械室、準備室を併設し、手術中に撮影するためのX線装置を備え付けるか、近辺にX線のための専門室を準備するのが一般的だ。