ボランティアじゃありませんから

酒席もエスカレートすることになるし、使った金額に見合った仕事が無ければあからさまに〝友達でもないし、パトロンじゃありませんから。全て自分の自腹なんで〟と言って有無を言わせないようにしていた。

それでも何とか利用とする奴はいるもんでそういう連中はシカト。
これに尽きる。
〝ボランティアじゃありませんから〟と言えば通じるし、居丈高に来れば〝上のヒトに直接頼んでも好いんですけど〟と脅したこともある。
〝虎の威を借る狐〟みたいな連中は何処にでもいるもんでそう言う連中はやはり仕事が出来ない。
仕事出来ない人と付合うメリットはないのだからNoしかない。
前田のクラッカーな話である。

そんな事ばかりしていたサラリーマン生活も今となっては正に今は昔。
懐かしいとも思わないし、逆の立場になりたいとも思わなかった。

今日は結構呑んでいる方だがそれでも量にすれば焼酎のワンカップにも満たないだろう。
情けないとも思わないし、そうじゃないと生活保護者が破綻する。
酒が呑めるだけ幸せと言うことだ。