ワンコーナー

歴史を見れば、仏教もキリスト教もイスラム教も異教徒というだけで人を殺したり政治と密接に関わったりしている。

この手の事件があると、多くの人は『宗教なんて消えればいいのに』と言う。
だが、同時に近所のお地蔵様に花やお団子を供えて手を合わせるお婆さんなどを見ると『美しい』とも思う。 あるドラマでのワンシーン。
ラーメン屋に入った主人公と刑事がラーメンを注文する時、店員が「アブラはどうします?」「麺の固さは?」 探偵比較などと矢継ぎ早に聞いてきて刑事が怒鳴った。
「ラーメンはラーメンだろう!!!」 今、単に『ラーメン』と一口に言っても種類は無数にあるといっていい。 スーパーに行っても袋麺だけでワンコーナーがあるし、地域の特色のあるラーメンなど年々ラーメンは種類を増やしている。 魚介系とんこつラーメンやらベジポタ風つけ麺なども店ごとで違う。 しかし、ラーメン自体は俗に『東京風ラーメン』と呼ばれるシンプルなものだった。
それが作り手達の創意工夫で元来中国料理だったものを日本料理へと変えた。