正常

よく耳にする心筋梗塞というものは冠動脈の動脈硬化によって血液の通り道である血管の中が狭くなってしまい、血流が途切れ、酸素や大事な栄養が心筋に送られず、ほとんどの筋繊維が壊死する大変深刻な病気です。
国民病ともいわれる花粉症とは、森林の杉や檜、松、ブタクサなどの大量に放出される花粉が元凶となって、クシャミ・頭重感・微熱・鼻詰まり・鼻水などの憂うつなアレルギー症状を起こしてしまう病気なのです。
悪性の腫瘍である女性の卵巣がんは、正常ならば体を癌から守る働きを持つ物質を作るための鋳型みたいな遺伝子の異常が原因で発生してしまう病気だということです。
必要な栄養を網羅した食事を1日3回とることや体を動かすことは当然のことですが、全身の健康や美のために、特に摂りたい栄養を補うために様々な種類のサプリメントを飲む行為がまったく珍しくなくなってきているのです。
素材がグラスファイバーのギプスは、非常に丈夫で軽量で耐久性に優れており、濡れてしまっても使えるという特長があり、現在用いられているギプスの人気製品です。
紫外線を浴びると生成されるV.D.は、カルシウムが吸収されるのを促進するという事で広く知られており、血液中の濃度を微調整し、筋肉の機能を操作したり、骨を作り出したりします。
食べ過ぎ、体重過量、運動不足、遺伝、肉体的なストレス、加齢というような複数の原因が混ざると、インスリンの分泌量が低下したり、働きが鈍くなったりして2型糖尿病(ICD-10:E11)を発病するのです。
呼吸器感染症の季節性インフルエンザ(seasonal influenza)を予防するワクチンでは、現在までの研究結果により、ワクチンの効果が見込めるのは、ワクチン接種日のおよそ14日後から約5カ月ほどということが判明しました。
30〜39才までの間に更年期になるとしたら、医学用語で表すと「早発閉経(Premature Ovarian Failure)」という病気にあてはまります(この国においては40歳以下の女の人が閉経する症状のことをPOF(Premature Ovarian Failure)と言っています)。
耳の中の構造は、耳殻側から順番に「外耳(outer ear)」「中耳(middle ear)」「内耳(inner ear)」の3か所に区別されますが、この中耳付近に様々なばい菌やウィルスなどがうつり、炎症ができたり、体液が溜まる病を中耳炎と呼んでいます。
AEDというのは医療資格を保有していない普通の人でも扱うことのできる医療機器で、機器から発せられる音声ガイダンスの通りにおこなうことで、心臓が細かく震える心室細動に対しての緊急処置の効き目を発揮してくれます。
年齢を重ねることによる耳の遠さは毎日少しずつ聴力が落ちていきますが、多くの場合は還暦くらいまでは聴力の減退を確信を持って把握できません。
エイズウイルス(HIV)を持っている精液、血液を始め、腟分泌液や母乳等の様々な体液が、乳飲み子等の傷口や粘膜部分等に触れた場合、感染のリスクがあります。
現在のオペ室には、トイレや専用の器械室(apparatus room )、準備室(preparation room)を用意し、手術中に患者を撮影できるX線装置を備え付けるか、そうでなければ近距離にレントゲン撮影の専門室を併設するのが通例である。
我が国における結核への対策は、昭和26年に施行された「結核予防法」に準じて行われてきましたが、2007年から数多くある結核以外の感染症と一括りにして「感染症法」という名の法律に沿って実行されることが決定しました。