糖分

内臓に脂肪が多く付いた肥満と診断されて、油脂の過剰摂取などによる「脂質過多(ししつかた)」、塩分の摂りすぎなどによる「高血圧」、糖分の摂りすぎなどによる「高血糖」のうち2個以上に相当する状態のことを、内臓脂肪症候群、またの名を「死の四重奏」と称しています。
ブラッシングなどで、被介護者がセラピーキャットをすごく愛おしいと思う時に「愛情のホルモン」とも呼ばれるオキトキシンが分泌されて、ストレスを減らしたり癒しに結びついています。
我が国における結核への対策は、1951年に施行された「結核予防法」に準じて推奨されてきましたが、半世紀が経過した平成19年からはその他の感染症と同じように「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」に基づいて実行されることとなりました。
植物栄養素とも呼ばれるフィトケミカルの一種のスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリーに含まれる有機硫黄化合物が、肝臓が持つ解毒酵素のスムーズな産出を助けているのではないかという事実が判明してきたのです。
UV-B波は、UV-A波に比べて波長が短いという特徴があるのでオゾン層を通過する際にその一部分が吸収されますが、地表に届いたUV-B波は皮ふの表皮内で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid、遺伝情報)を傷つけてしまうなど、肌に悪影響を与えることになります。
ピリドキシン(ビタミンB6)は、かの有名なアミノ酸(Amino acid)をTCAサイクルと呼ばれるエネルギー源を燃やすのに欠かせない重要な回路に組み込ませるため、それ以上に化学分解することを補助する動きもあります。
暗い所だと光量不足のためものが見えにくくなりますが、さらに瞳孔が開くので、眼のピントを合わせるのに不必要なエネルギーが使用され、結果的に光の入る場所で物を眺めるより疲れるのが早くなるのです。
陰金田虫(いんきんたむし)とは、正式には股部白癬と言われており、カビの一種である白癬菌が股部、陰嚢(いんのう)、臀部などの場所に何らかの理由で感染、定着する病気の事であり即ち水虫のことです。
子どもの耳管の特性は、大人と比較して太めで短めの形で、又ほぼ水平になっているため、細菌が潜り込みやすくなっています。小さな子供が急性中耳炎を発病しやすいのは、この事が関係しています。
高齢化による耳の聞こえ辛さはちょっとずつ聴力が低下していきますが、多くの人は還暦を超えないと聴力の衰えをはっきり認識できないものです。
肝臓を健やかに維持するには、肝臓の毒素を無毒化する力が衰えないようにすること、つまり、肝臓を老化させない対策を地道におこなうことが有効だと考えられます。
AED(Automated External Defibrillator)とは医療資格を保有していない方でも使用する事のできる医療機器で、機器本体から流れる音声ガイダンスの通りに利用することで、心臓が細かく震える心室細動の治療の効き目をもたらします。
ほぼ100%に近い割合で水虫といえば足を思いつき、ことさら足指の間に発症する病気だと捉えられていますが、原因菌である白癬菌が感染する部位は足だけに留まらないので、体中どこにでもうつってしまう危険性があるので気を付けましょう。
年々患者数が増加しているうつ病では脳の中で分泌される神経伝達物質のセロトニンが不足した結果、憂うつ、なかなか入眠できない不眠、著しい疲労感、食欲低下、5kg以上の体重減少、焦燥感、極端な意欲の低下、「消えてなくなりたい」という希死念慮、そして重症になると自殺企図等の症状が出現するのです。
栄養バランスのいい食事を1日3回とることや体を動かすことはもちろんのこと、ヘルスアップや美容を目的として、特に欲しい栄養を補うために色々なサプリを摂取する行為がまったくおかしくなくなったようです。