総辞職をして欲しい。

民主党と連立を組む国民新党の亀井代表は今の政権を『中学生レベル』と評したが、私からすれば『幼稚園の年少組レベル』である。

つまり、おしめが取れず下の世話を周囲の大人たちにやらせる児童にもなれない政権と言うことだ。 こんな政権で復興は当然無理なのだから、一刻も早く菅総理以下の大臣は総辞職をして欲しい。馬鹿。 これが、今回の記事を読んで最初に思った感想だ。
日本の政治家は兎角アメリカの政治家を模倣したがる癖がある。 アメリカは歴史こそ浅いが、カリスマ性のある大統領や政治家が多くいる。
最たる人物は 闇金相談 栃木石原慎太郎都知事だろう。 例えば、オリンピック誘致やカジノ構想は日本をアメリカのような国にしたい表れではないだろうか?
また、自分より権力のある政治家に対して名指しで批判するのは、日本流の礼儀よりアメリカ流の無作法のほうがカッコいいと思っているからではないだろうか? しかし、石原知事は性格なり政策なりに好き嫌いは分かれるが、それでも、支持を得られるのは彼の行動や言動の根本には『日本や東京をよくしたい』という気持ちがあるからだ。