臓器

「体脂肪率(percent of body fat )」とは、人の体内の脂肪の蓄積しているウェートを指し、「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat、%)=体脂肪量(キログラム)÷体重(body weight、キロ)×100」という計算によって確認できます。
内臓脂肪症候群であるとは断言されていなくても、臓器の脂肪が多く付いてしまうパターンの体重過多を抱えることに縁って、深刻な生活習慣病に罹患しやすくなります。
下腹の強い痛みをよく起こす代表的な病気には、虫垂炎と間違うことの多い大腸憩室症、腎や尿管などの尿路結石症、原因不明の潰瘍性大腸炎、無菌の腹腔内に炎症が起こる急性腹膜炎、子宮の疾患など、様々な病名がみられるでしょう。
強い痛みを伴うヘルニアとは正式には椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア)といい、背骨と背骨の間にあって緩衝材みたいな役目を持っている椎間板(ついかんばん)という名称の柔らかい線維軟骨が突出してしまった症状の事を称しています。
2005/02/01以後新しくトクホ(特定保健用食品)の入れ物には「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」との日本語の文章の表記が食品メーカーに義務付けられている。
悪性の卵巣腫瘍である女性の卵巣がんは、正常なら人をガンから保護する役目を担う物質を分泌するための型みたいな遺伝子が異常をきたすことで罹患してしまう病気だと考えられています。
食事という行動は、食べようと考えた物を気軽に口へ入れたら何度か咀嚼して後は飲み下すだけだが、その後体は本当に健気に働き続けて食物を体に取り込む努力をしているのだ。
虚血性心疾患の一つである狭心症の外科的な治療法では大方の病院で「大動脈内バルーンパンピング(IABP)」もしくは「大動脈冠動脈(だいどうみゃくかんどうみゃく)バイパス移植手術(CABG)」の双方の手術の方法がしきりに実施されています。
酒類に含まれるアルコールを無毒化する力があるナイアシンは、苦しい二日酔いに効果的です。不快な二日酔いの誘因物質といわれる酢酸アルデヒドという化学物質の無毒化にも関わっているのです。
ライブの施設や踊るためのクラブなどに設けられた大音量スピーカーの隣で大音量を聞き続けて耳が聞こえにくくなることを「急性音響性聴器障害(きゅうせいおんきょうせいちょうきしょうがい)」と言うことをご存知でしょうか?
もしも婦人科の血液検査で実際にエストロゲンとゲスターゲンの分泌量が基準値を下回っていて早期閉経(premature menopause)だと判明した場合、不足分の女性ホルモンを補填してあげる医術などで良くなることができます。
吐血と喀血は血を吐くことに変わりはありませんが、喀血の方は咽頭から肺を通っている気道(きどう、呼吸器の一つ)からの出血であり、吐血とは無腸間膜小腸よりも上部にある消化管から出血する症状のことを表しているのです。
アミノ酸の一つであるグルタチオン(Glutathione-SH、GSH)は、細胞の機能を不十分にしたり変異を誘発する有害な物質を体の内側で解毒し、肝臓の動作を促進するような働きが分かっているのです。
グラスファイバーで製造されたギプスは、丈夫で軽量な上に持ちが良く、水に濡れてしまっても使用できるという長所があるため、現在用いられているギプスの王道です。
トコトリエノールの効果の中では酸化を遅らせる機能が最も知られていますが、その他に肌を美しくする作用や、血清コレステロールの生成を抑えるということが認められています。