複数

基礎代謝量(きそたいしゃりょう)というのは睡眠中ではなく覚醒状態で命を保つ(心臓の鼓動、鼻からの呼吸、腎機能の働き、体温や筋肉の緊張の保持等)のに欠かせない基礎的なエネルギー消費量のことを言うのです。
鍼を患部に刺す、という物体的な程よい複数の刺激が、神経細胞を目覚めさせ、神経インパルスという名の要するに電気信号伝達を発生させると考えられているようです。
PCの青っぽい光を低減するレンズの付いた専用メガネが非常に人気を集めている訳は、疲れ目の対策法に大勢の人が挑戦しているからだと考えられます。
多機能な肝臓に脂質やコレステロールが蓄積した脂肪肝(しぼうかん)は、糖尿病等々いろいろな生活習慣病の合併症を起こす恐れがあることをご存知でしょうか。
肝臓を健康な状態に保つには、肝臓の解毒する作用が下がらないようにすること、要するに肝臓を老化させない対策をコツコツと実践することが効果的だと考えられます。
緊張性頭痛とはデスクワークなどでの肩凝りや首筋のこりが要因の最も多いタイプの頭痛で、「頭をギューっと締め付けられるような激しい痛み」「重くてたまらないような痛さ」と言われます。
HIV、すなわちヒト免疫不全ウイルスを持っている血液や精液、腟分泌液、母乳、唾液等のあらゆる体液が、乳飲み子などの粘膜部分や傷口等に触れれば、感染のリスクが大きくなってきます。
自動体外式除細動器(AED)というものは医療資格を持っていない普通の人でも扱える医療機器で、機器本体から流れる音声ガイダンスの通りに対応することで、心臓が細かく震える心室細動に対しての緊急処置の効き目をいかんなく発揮します。
脂溶性であるV.D.は、Caが体に吸収されるのを助長する特質で知られていて、血液中のCa濃度を操作して、筋繊維の機能を操作したり、骨を作ってくれます。
万が一婦人科の検査で実際にエストロゲン・ゲスターゲンの分泌量が基準値を下回り早発閉経(Premature Ovarian Failure)だと分かった場合は、足りていない分の女性ホルモンを補填してあげる処置で緩和が期待できます。
チェルノブイリ原子力発電所の事故に関する数十年に及ぶ後追い調査の結果では、大人に比べて体の小さい子供のほうが飛散した放射能の有害な影響をよく受けることが理解できます。
高熱が特徴のインフルエンザに対応する効果的な予防法や治療方法を含めた必然的な対策そのものは、それが季節性インフルエンザでも新たに発見された新型インフルエンザでもほとんど変わらないのです。
我が国における結核対策は、昭和26年に生まれた「結核予防法」に拠って促進されてきましたが、56年後の平成19年から多くの感染症と同じように「感染症予防法」という名前の法律に準拠して行われることに決まりました。
くも膜下出血(SAH)はその80%以上が「脳動脈瘤」と呼ばれる血管にできる不必要なコブが破裂して脳内出血することが理由となって発症してしまう命にかかわる病気だという知識を多くの人が持っています。
普通では骨折に至らない程度の僅かな力でも、骨の一つのポイントだけに複数回にわたり持続的に力が加わってしまうことで、骨折してしまうこともあるようです。