早食い

ばい菌やウィルスなど病気を生み出す病原微生物、すなわち病原体が肺の中に忍び入り発病してしまい、肺の内側が炎症反応を起こした容態を「肺炎」と断定しています。
通常ならば骨折を起こさない程の弱い力でも、骨の狭いポイントに幾度も繰り返して続けて力が加わると、骨折へとつながることもあるようです。
肥満(obesity)の状態は無論摂取する食物の内容や運動不足などが素因ですが、ボリュームの変わらない食事であっても、慌ただしく食べ終わる早食いをすることによって肥満(obesity)の状態を招く結果になります。 続きを読む “早食い”

男女

基礎代謝(BM)とは人間が何もしていなくても必要な熱量のことですが、大半を様々な骨格筋・臓器の中で最も大きな肝臓・脳の3つで使うということはまだ広くは知られていません。
WHO(World Health Organization、世界保健機関)は、人体に有害な紫外線A波の極度の浴び過ぎがお肌に健康障害を引き起こす恐れがあるとして、19歳未満の男女がファッション感覚で日サロを利用する活動の禁止を強く求めている最中です。 続きを読む “男女”

難しい場合

また更地にすると、駐車場経営な考慮には、事業性の分析等はかえって難しい場合があります。三井不動産しいものではなく、基礎のさまざな手法について、土地の提示によって損をしない方法をいくつかご紹介させ。
続きを読む “難しい場合”

正常

よく耳にする心筋梗塞というものは冠動脈の動脈硬化によって血液の通り道である血管の中が狭くなってしまい、血流が途切れ、酸素や大事な栄養が心筋に送られず、ほとんどの筋繊維が壊死する大変深刻な病気です。
国民病ともいわれる花粉症とは、森林の杉や檜、松、ブタクサなどの大量に放出される花粉が元凶となって、クシャミ・頭重感・微熱・鼻詰まり・鼻水などの憂うつなアレルギー症状を起こしてしまう病気なのです。 続きを読む “正常”

臓器

「体脂肪率(percent of body fat )」とは、人の体内の脂肪の蓄積しているウェートを指し、「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat、%)=体脂肪量(キログラム)÷体重(body weight、キロ)×100」という計算によって確認できます。 続きを読む “臓器”

データ

スギの木の花粉が飛散する3月前後に、乳幼児が体温は平常なのにしょっちゅうくしゃみをしたりサラサラした鼻みずが止まないような状態だったなら、もしかしたら『スギ花粉症』の可能性が高いといえるでしょう。 続きを読む “データ”

糖分

内臓に脂肪が多く付いた肥満と診断されて、油脂の過剰摂取などによる「脂質過多(ししつかた)」、塩分の摂りすぎなどによる「高血圧」、糖分の摂りすぎなどによる「高血糖」のうち2個以上に相当する状態のことを、内臓脂肪症候群、またの名を「死の四重奏」と称しています。 続きを読む “糖分”

消化管

バイキンやウィルスなど病気を生み出す病原体(病原微生物)が肺の中に入って感染した結果、肺の内側が炎症反応を示した様子を「肺炎」と言います。
吐血と喀血はどちらも血を吐くことですが、喀血というのは喉から肺に続く気道(呼吸器…respiratory system)からの出血のことであり、吐血というものは無腸間膜小腸よりも上部にある消化管から出血する病状を言い表しているのです。 続きを読む “消化管”